行田東小 行田公園前 車線分離標(ラバーポール)の設置しました

行田公園の円周から行田東小 正門(行田団地)へと向かう道で、
自動車が右折する時に、
内輪差でタイヤを縁石に擦ることが多々あるとの連絡を、
近隣の住民の方からいただきました。現地を確認したところ、
縁石にタイヤがひっかかったと思われる跡がありました。

市役所の道路維持課と相談をさせていただき、
車線分離標(ラバーポール)を設置、
視覚的に意識して曲がれるようにいたしました。
縁石を擦ることは、運転手にとっても市役所にとっても大きな痛手となります。
現在の状況で大きな問題がないか様子を見るまいります。